忍者ブログ
天然のヒマラヤ岩塩を使ったソルトランプが密かに人気です。 そのあたたかみのある光に癒される人も多いようです。 ソルトランプの老舗のアースコンシャスなら安心で確かな品質のヒマラヤ岩塩ソルトランプが購入できます。 インテリアランプとして、あなたのお部屋の雰囲気アップにどうぞ
<< 12  2018/01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    02 >>


2018/01/20 (Sat)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/10/25 (Thu)                  ソルトランプの取り扱い
ソルトランプは、天然の素材です。

その取り扱いについて注意点をまとめてみました。

まず、岩塩という素材の性質上、湿度の高い場所や屋外では使えません。

日本特有の梅雨時などは、岩塩が余分な水分を吸うことがあります。

その際、ランプ下部に水が垂れてきたり塩を吹くことがあります。

そういう時は、湿気の少ない場所に移動するか、点灯させてランプを
乾かしてください。

水分を嫌うオーディオ、TVなど家電製品の上などには置かない方が
いいでしょう。

また、100%天然の岩塩ですが、食用できません。
食用の岩塩は、>>コチラ
に揃っていますので、興味のある方は御覧ください。

電球の交換等は、公式サイトに写真入りで解説されています。


日本最大級の
>>岩塩ランプの専門店(アースコンシャス)はコチラ

PR
2012/10/25 (Thu)                  ヒマラヤ岩塩の特徴
アースコンシャスで使われているヒマラヤ岩塩とは、
ヒマラヤ山脈の麓でとれる、太古の時代の岩塩結晶がヒマラヤ岩塩
と呼ばれます。

実際に大陸に岩塩があるのは、恐竜の時代より遥か以前、
まだ世界がパンゲアと呼ばれるひとつの超大陸だった頃にまで遡ります。

大陸は、長い時間をかけた地殻変動で現在の形になるまでに、衝突や
分裂を繰り返してきました。

その過程で海水が閉じ込められた場所に塩の湖が形成されます。

年月を塩湖は干上がると塩の結晶だけが残ります。

現在から約5000~7000万年前、インドオーストラリア大陸と
ユーラシア大陸との衝突でヒマラヤ山脈が形成されました。

このヒマラヤ造山運動の際に、湖塩であった塩の結晶は地下深くに
潜り込み、岩塩の結晶に生まれ変わったのです。

その結晶を現在、採掘しているわけです。

長い地球の歴史を刻み込んだ塩というわけです。


その岩のようなヒマラヤ岩塩の塊を手作りで削り出し、
様々な形のインテリアランプとして命を吹き込んだのがソルトランプです。

暖かなオレンジ色にやさしく輝き、癒しの空間を創り出します。

「塩」としての浄化作用もあると言われています。

あなたも、母なる大地・地球の息吹を感じるソルトランプを
お手元において見ませんか?


日本最大級、>>岩塩ランプの専門店(アースコンシャス)はコチラ





アースコンシャス公式サイト
ブログ内検索
カウンタ
私立探偵モノ

Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]